078-784-1701

兵庫県神戸市垂水区清水が丘3丁目1-5

クリニック紹介

院内紹介

受付

受付

待合

待合

待合の設備

待合の設備

診察室

診察室

検査室

検査室

採血室

採血室

レントゲン室

レントゲン室

受付 待合 待合の設備 診察室 検査室 採血室 レントゲン室

検査機器

胸部レントゲン

胸部レントゲン

胸部レントゲンで、肺癌や肺炎・肺気腫等の肺の病気が検査できます。また、心臓の拡大がないかをチェックすることで、心不全の評価をすることができます。透析の患者様も、水分管理を適切に行うために定期的なレントゲンのチェックを行います。
当院では、レントゲンがフィルムからデジタルにかわりました。デジタルになることで、放射線の被曝量が少なくなります。また、フィルムを現像する必要がないことから、時間短縮でき待ち時間を少なくすることにもつながります。

心電図検査・ABI 検査

心電図

心電図

心臓を流れる電気信号をチェックすることで、様々な心臓の病気(不整脈・虚血性心疾患・心肥大等)を検査できます。心臓の病気が疑われる際には心電図を行う必要があります。

ABI

クリニック紹介画像4
クリニック紹介画像5
クリニック紹介画像5

足の血管が動脈硬化で細くなっていないかを検査できます。また、血管年齢をチェックできます。腕と足の血圧をチェックする検査ですので身体への負担もほとんどありません。

足の血管の動脈硬化を知ることで、全身の血管の動脈硬化がどの程度すすんでいるのか推察することができます。

近年、若年者の動脈硬化性疾患が急増しています。その背景には、ライフスタイルの変化に伴う、生活習慣病、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の急激な増加があります。
いまやこの生活習慣病の数は、高血圧3100万人、糖尿病は予備軍を含むと1620万人、脂質異常症3000万人といわれています。動脈硬化が進行すると、心筋梗塞・脳梗塞などの重篤な疾患を発症するリスクが上昇してしまいます。動脈硬化を早期に発見し、治療することが非常に重要です。

エコー

クリニック紹介画像6
クリニック紹介画像7

超音波で、人体に全く悪影響を与えることなく様々な臓器を検査することができます。
心臓のエコーでは、心臓の働きがどの程度か確認することができ、また弁膜症の精密検査も行うことができます。また、首の血管(頸動脈)の動脈硬化を評価することによって、動脈硬化がどの程度進んでいるのかを知ることができます。

頸動脈エコー → 脳に行く血管の動脈硬化を実際に観察することが可能です。

ホルター心電図

ホルター心電図

不整脈が疑われた際に行う検査です。通常の心電図を行なっても、その時に不整脈が停止していた場合、不整脈が診断できません。ホルター心電図は24時間の心電図をチェックすることで、不整脈が起こっていないかどうかを検査することができます。当院では、検査の負担を少しでも和らげるために、世界最小の防水機能のついたホルター心電図を導入しました。検査をしているときにでも入浴ができ、小さいため負担も感じにくいです。

採血

採血

当院では、糖尿病の指標である HbA1c(約1-2ヶ月の血糖の平均値)を院内で採血することができ、検査結果をすぐに確認することができます。そのため、検査結果を参考にして薬の調整を行うことができます。
また、炎症反応の強さを示すCRPも確認することができます。

禁煙外来 (呼気CO検査)

クリニック紹介画像10

当院では禁煙外来を行っていますが、吐く息に含まれる一酸化炭素をチェックすることで禁煙が上手くできているか確認することができます。(禁煙を保険診療で行うためには必ず行う必要がある検査です)

新垣クリニック

院長
松本 卓也
診療科目
内科・循環器内科・人工透析
住所
兵庫県神戸市垂水区清水が丘3丁目1-5
TEL
078-784-1701

オンライン診療

再診の方のみ、予約から受診、支払いまでをインターネットを使い、ご自宅等でご利用いただけます。

一般診療時間 日・祝
10:00~12:00
17:00~19:00
透析診療時間 日・祝
8:30~14:00
15:00~22:30
車でのアクセス

車でのアクセス

<第二神明道路 高丸インターから約4分>
高丸インターを右折
高丸西交差点を左折
多聞町大門 交差点を左折
直進 約300m 右側に見えてくる寿司屋の横です。
駐車場あり 7台

電車・バスでのアクセス

電車・バスでのアクセス

<JR神戸線 舞子駅 からバスをご利用ください>
「52番:朝霧駅行き」
「53・54番:学園都市駅行き」
「191番:掖済会病院行き」
に乗車し、「西岡橋」で下車。徒歩1分程度です。